texted a ANANYA

メディスンカード・リーディング
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
LINKS
PROFILE
CATEGORIES
SEARCH
ハワイ島の場所いくつか
 
日本に戻ってきてから、あっという間に2週間経ってしまって、その間、微熱と喉、気管支関連、腰、頭痛等々、なかなかのデトックスが続くなか、帰国日の翌々日にはセミナー参加の予定があったのでそれに行き、終わるとすぐ編集の仕事、さらにたいへんお世話になった方が亡くなってお通夜に行ったり、合間にフラワーエッセンスのリーディングや個人セッション、と、すっかり東京モードに戻ってしまいましたね、おやつも食べてるし。

食べものについて、以前書きかけでそのまんまにしてますけど、一概にこうだ、って言えないところがありますよね、そのこともなかなか続きを書けない理由、食べものだけに限りませんけども。

最近、いろいろなことがほんとに思い込みで進行してるよな、と、ますます思います。ほんとに人間てなんなんだろうかな、と思うことばっかりですね。


さて、東京モードに戻った、といっても、夢にハワイのことが出てくるし、気づけばハワイについて検索してるしそのたびにハワイ〜と呼びかけてみたり、だってほんとにすごいよかったんだもん、いろいろたいへんだったけども。

で、自分が煮詰まったときに思い出してにやにやするためにも、行ったところ全部じゃないんですけど、写真を撮った場所を紹介してみたいと思います。


まずトランジットで降りたホノルル空港の中庭です。



ちょっと空港とは思えないですよね、後ろの建物は、各搭乗口への通路、渡り廊下みたいな感じ。
まず木がすごいなーと思って思わず撮ったんですけど、日なたぼっこしてるひととかもいて、なんかかわいらしく、のどかでいいな、と思いました。

そう、わたし海外に行くのはすごいひさしぶりだし、ハワイははじめてだったんですけど、なんか異国に来た感も緊張感もなく、すーっとスライドした感じだったのが不思議でした。

どこもその国というか街の匂いとかヴァイブレーションがちがって、ああ海外に来たなーと、日本とのちがいにしみじみしたりするし、もちろんハワイにもそれはあるんですけど、なんというか、違和感がほんとになかったんですよね。なんだろうな、あの感じ。

印象としては、とにかくやさしい。深くてひろがりがあってなんというかすごいどっしりとしてて、田舎とはちがったのどかさとか穏やかさで、なんか、すごい安心感があった。どこか生きものっぽい感じもしたし。





ここは4マイルビーチ。前にも載せましたけど、ウミガメがいたところです。
ビーチといっても砂浜ではなくて溶岩なんですよね。
泳ぐのに夢中でほとんど写真ないんですけど、反対側がもっとひろくて、先のほうは波が荒々しく、泳いだらもってかれる感じなのですが、途中に防波堤みたいなものがあるおかげで、こちら側は静かなのです。ひともそんなに多くはないですけど、次々にやってきては、ひとしきり泳いで帰ります。

たぶん、砂浜じゃないので、すわってゆっくりするところが少ないからじゃないかな。
水は最初結構冷たくて、しばらくじっとしてるとだんだん慣れて気持ちよくなりました。

ここ、今回行ったなかでいちばん好きかも。
ウミガメいるし、すごいリラックスできた。
また行きたいです。





ここはキラウエア火山。
正直、どこからどこまでがキラウエアで、そのなかのどこなのか、つくりが全然わかんなかったです(笑)。

ここは舗装されたトレイルになっていて、ずんずん歩いて行くと、オーラがみえるとのことで有名なラヴァチューブがありました。

今回は立ち止まらずに通り抜けただけだったのですが、途中ちょっとゆっくり歩いて自分の腕を動かしたりしてみると、たしかにぼんわりゆら〜っと白っぽい光煙みたいなものがみえました。





ここもキラウエアのどこか。完全に溶岩台地。
この写真では全然伝わらないと思うんですが、ひろいです、といってもただひろいだけじゃないんだけども、行かれたことのある方、わかりますよね。

で、これがほんとの岩盤浴、ということでみんなそれぞれ好みの場所で仰向けになり、サウンドヒーリングを受けました(それだけではなかったんですけども。。気が向いたらいつか書きます)。

しかし、ここは独特だったなー。モロッコで、カサブランカからマラケシュまで電車で行ったときにみた風景も、地球の原型というか、どこかの惑星というか、とにかくすっげー、と口を半開きにしながら眺めたものですが、ここは祈りを捧げる場所というか、結構通過儀礼的な場のエナジーを感じました。実際、メッセージがたくさんあったし、チャージもかなりできる場所だと思います。

ここもぜひまた行きたいです。



そしてアカカ・フォールズ。



反対側にもうひとつカフナ・フォールズという滝がありましたが、写真は撮らなかったみたいです(何枚か撮ったと思ったのですが)。

でも、ここに着いたときに音を録りたいと思って、カフナからアカカ、そして出口まで歩く間、ずっと録音してました。

で、いまこれを書くにあたって、あそこって何かいわれがあるのかな、と調べてみたところ、この記事を読んでちょっとびっくり。


泣き声かー。
伝説とか民話とか、ほかの場所にもいろいろあるようなので、調べたらまたちがう見方ができそうですね。

ハワイに限らずどの土地にもそこにまつわるあれこれがあると思うんですけど、島とか、特に先住民のひとたちが息づいてる場所って、より意味だとか感じ方が深くなる気がしますよね。

実は帰り、駐車場に着いた途端に雨が降ってきて、ハワイ島で一度雨を体験したいと思っていたのでよかったのですが、どしゃ降りになってきたので車へ。

そして車が走り出すと、ラジオから流れてきた曲を聴いて、同乗していたフラをやってるひとが「これ、滝の歌だよ!」。

今回のハワイは、どこにいてもほんとにたくさんのギフトがありましたね。

実はほかにもレインボー・フォールズという滝に行ったんですけど、そのときにはカメラを持って行くのを忘れたので、写真はなし。
でも、あそこも滝の上の岩場や近くのバニヤンツリーなどなど、とても印象深くて、また行きたいです。

それにしても滝って、すごい官能的だな、と思いました。


そしてアイザックヘイルビーチ。



先日書いたウォームポンドとサンゴのハートがあったところです。
ここも砂浜じゃなく、というか、今回行った地域の海岸は、全部溶岩&溶岩&溶岩。

平日の午後遅めだったせいか、ほとんどひともいなくて、たそがれるにはもってこいでした。


そして最後に、最初に滞在していた宿泊先のそばの夕方の風景。



どこも絵になっちゃう感じですね。

正直、風景の色彩から受けた感覚は、バリ島とか沖縄のほうが鮮烈だった記憶があるんです。
それってもしかすると湿度や温度に関係してるのかもですが(今回は雨季のせいもありそんなに暑くなかったです)、やっぱりいままで自分の知ってる熱帯とはちがう感じでした。

でも、ハワイ島って、場所によって天気がちがうというし、ほかの島もまた全然ちがうんだろうな、と思うと、やはり一度全部の島をまわってみたいですね。
ハワイ島も上(?)のほうは行ってないし。

というわけで、たぶん、まだハワイのことは書くと思います(笑)。


それではまた。
東京も春の気配がどんどん深まってる&エネルギーも結構動いてますので、
心身ともに、ご自愛しつつ。






| ANANYA | ハワイ | comments(0) | trackbacks(0) | - |
ハワイのメディスンあれこれ
 
デトックスほかのっぴきならない理由で高熱&喉痛&咳&腰痛で、完全にダウンしたわたしですが、回復のために、いろんなものにお世話になりました。

いちばん動けなかったときに助けてもらったものは、当然写真など撮れるわけもなかったので画像なしですが、手作りの梅肉エキスにびわの葉っぱ数枚、タロイモパスター、大根湯など。

これは東城百合子先生考案の療法ですが、最初のリトリートでずっと食事をつくってくれていた妖精のような女の子とパートナーの好男子(いつかブログで紹介したいです)が用意&手当てしてくれました。

びわの葉っぱは宿泊先の庭に生えていたのをとってきてくれて、おでこと首に巻いて熱をとり、タロイモパスターはほんとは里芋をつかうところを、ハワイということでタロイモで、喉から胸のあたりに貼り、大根湯は喉の痛みによく効きました。

自分だけだったら点滴打ってもらいに行くところですが、ここでケミカルをつかっても原因が同じならばまた再発するし、免疫が落ちるので自然治癒力にまかせたほうがいいとのことで(実際、自分で持ってきていた解熱剤全部つかっても効かなかったんですよね...)、ネチュラル・メディスンにまかせました。

そしてリトリート後、メンバーと別れてひとりジャングルに移ってからは、ヴィーガンのアメリカ人シェフが食事をつくってくれたんですけど、まず出してくれたのはこれ。



ココナッツ・ウォーター。
ココナッツの実をうまいこと割って、ストローをさしてくれました。
実から直に飲むのはバリ島へ行って以来、何十年かぶりでしたけど、青臭さもなく、みずみずしくておいしかったです。あーまた飲みたいな。

初日の晩ごはんは、お豆腐と生姜、にんにく、玉ねぎ、野菜数種類、パプリカパウダー、味噌、海苔などを入れたスープに中華麺を入れたスープヌードル。たぶんわたしが日本人なので、和風にしてくれたみたいです。

ほんとはつくる予定のなかったところをありもので無理につくってもらったので、正直すごくおいしい、というわけでもなかったんですけど、からだにやさしい感じで、とてもありがたかったです。
それにしても、よく海苔とか常備してるよね、しかも韓国海苔でした。

翌日は本気出すべくわざわざマーケットに買い出しに行ってくれたみたいで、かなり手の込んだ2品。

まずはビーツとアボカドのサラダ。ドレッシングは塩、こしょう、パプリカパウダーにカフィアライムほか。



色もとってもきれいで、おいしかったです。
そしてメインは、かぼちゃと野菜のリゾット。


あんまりおいしそうに見えないかもですが、ほんとに絶品、すんごいおいしかった!
ココナッツミルクにカイエンヌペッパーほかスパイスとごはんは玄米、こちらもカフィアライムをつかってるとのことで、ちょっとタイ料理風なんですけど、とってもやさしい。これ、週1くらいで食べたい。。

そして液体部門。


ミネラルウォーターにザクロ&クランベリージュース、スポーツドリンク、ノニジュース、生ハチミツにcomb honey、バッチのフラワーレメディ(店員さんはバッチじゃなく「バック」って言ってた)。これをベッドに横たわりながら、欲するまま交互にとってました(笑)。

そして最後に、忘れられないのは、場所としてのメディスン。



ウォームポンド、温泉です。
溶岩で温かくなっているそうで、といっても温水プールよりもぬるいくらい、10人ちょっとで満員のひろさで、奥のほうはすこしだけ洞窟っぽく、畏怖、という言葉がぴったりくる感じ、日本なら、しめ縄張ってもいい雰囲気です。
前半のリトリートのときに連れてきてもらって、みんなで入ったときにも涙が自然とあふれて心身揺れ動くほど、浄化と癒しのちからに満ちた場所。

あとになって、ジャングル宿から歩いていける距離だとわかり、宿のひとたちからも具合が悪いならあそこへ行って来いと言われていたものの、なんとなくひとりで行くのはすこしこわかったんですよね。

でもずっと寝てるのもつまらないし、普通に歩けるほどには回復してきたので、とりあえず近所のビーチに行って、もしもたどり着けたらちょっとだけ寄ってみようと思ったんです。
というのも、わたしはある意味特技ともいえるほどの方向音痴であり、ちょっとけもの道っぽいところを通っていくので、わからないひとは近くを通っても気づかないそうなんですね。

とにかくビーチへ行って海を眺めていたら、体調のせいもありますが、こころもぐったりでなんともいえない気持ちになり、このままでは帰れないなと思って、やはり行ってみることに。
実際、迷いまくりでこころは折れっぱなし、やっぱりやめようかと思いながらも、いや、ここで意図だ、自分はこうする、と方向を決めてばしっとコミットすること。
すると面白いもので、急に視界が開けてきてこっちだ、ってわかるのね、そしてちゃんとたどり着けた!

とりあえず先約がいたので岩場にすわって足だけ浸してぼーっとしていると、たぶん、わたしの様子がすこし尋常じゃないと思ったのでしょう、それまではしゃいでいた先約のみなさん(全員タトゥーを入れた男女のグループ)は静かに出ていって、わたしひとりになったんです。

で、水着を持ってこなかったけどいいや、と、思いきって服を脱いでブラ&パンツで入り、しばらく浸かっていると精霊からのメッセージ、そして涙、涙、涙。。

なんか、下は溶岩ごつごつで足ぶつけたりするし、魚とかちっちゃなエビがいてお尻ばっかりチクチク刺してきたり、岩場にはカニががさがさ歩いてるし、油断してると上からココナッツがどさどさ落ちてきてまじで危ないんだけど、それもいいんですよねえ、自然で、あたりまえで、みんな生きてる感じで。

泳いだり浮いたり潜ったり、じゅうぶん堪能させていただき、誰もいなかったので素っ裸になって着替え、ほんとうにどうもありがとう、と感謝と祈りを捧げ終わったところで、ひとがやってきたのでハローと笑って去りました。すごいタイミングでした。

そして、またビーチまで戻るとこれが。



泣いちゃったよね、誰だか知らないけどなんかもうにくいよね。

で、わたしもならって、左に小さいのをつくりました。
ハート型のサンゴも発見したので、真ん中に置いて。





旅の締めくくりに、素晴らしいギフトをもらいましたね。
ほんとに最高だったなー。


というわけで、全然帰りたくなかったのですが、帰ってきました&通常運転に戻ってます。

それではまた。
ハワイのことは、また書こうと思います。

どこにいても、いい感じの毎日を☆




| ANANYA | ハワイ | comments(0) | trackbacks(0) | - |
ときどき嵐
 
体調がだいぶ回復してきました。
ほんとは昨夜、わりと強い嵐になったりとある現象が起こったりであんまり眠れず、喉の痛み、ときどき激しい咳き込み、腰の痛みにくわえて精神的にも結構落ちたりしてたのですが、午後から近くのビーチとウォームポンドという天然というか野性、いや原始的な温泉に行った途端、回復してきました。
この話はまた後日に。

ハワイ島は地域によって結構お天気や気温もちがうとのことだったのですが、いまいる地域は海に近いせいかなんだかいつも風が強く、短い時間なのですがそこそこな感じの嵐が何度か起こります。
特に昨晩からひどくて、昼はそうでもないんですけど突風と突然の豪雨、それも前ぶれもなくやってくるのでびっくりします。

さっきも、結構な荒れっぷりで、バスルームに行くまでの電気も消えてるし、ちょっと外に出られる感じではなくて、たぶんみんな部屋にいるんでしょう、今夜はいつも以上に静かです。

ここではそれぞれ独立したコテージに泊まるんですけど、バスルームとキッチンは共同で、ごはんは朝だけシェフがつくってくれるので食べたいひとはそれを食べますが、基本は自給自足です。
わたしは体調がほんとにひどかったので、シェフにお願いして一昨日ときのう晩ごはんをつくってもらったのですが、今日シェフがオフなので、街のスーパーまでオーナーが車で連れていってくれて、そこのデリを持ち帰ったので、キッチンまで行かなくて済んでよかったな、と思ったところです。

晩ごはんに食べたIsland Naturalsというオーガニック専門のスーパーのデリ。



カジキマグロ(たぶん)のソテーとブロッコリーのチーズソース、ルッコラほか数種類のグリーン&トマト、ポテトサラダ、スパイスをまぶして焼いた豆腐、スパイシーなフライドポテト、ごはんはタイ米。
今日はノンベジにしてみました。
あんまりおいしそうにみえないかもですが、めちゃめちゃおいしかった! 正直、日本のデリより全然うまい。

こっちのお豆腐、島どうふみたいに固くて、火をつかった料理に向きますね。

ちなみに、これがメインの共同キッチン。



敷地内にたぶんあと2つキッチンがありますが、だいたいみんなここに集まります。話をしたりポップコーンパーティーがはじまったり、旅の情報交換をしたりの憩いの場。

これはごみの分別の一部。
エコをベースにしているため、東京以上にこまかく分別されてます。
電気はソーラー、お水は雨水をろ過しているみたいです。



コンポスト。わたしもいまの住まいに引っ越しの際にはじめようと思ったのですが、いまだできてないですね。実物はじめてみましたけど、虫もほとんど近づいてこなくて清潔な感じでした。



かわいらしいコテージ。こんな感じのものがいくつかあって、ちょっとした集落のようになっています。



これはメディテーション専用のコテージ。なんとなくまだ入っていませんが、明日嵐じゃなかったら、ちょっとのぞいてみるかも。




そしてこれはわたしのコテージのエントランス、なぜか鳥居です(笑)。



初日にマネージャーが「トリイだよ」と自慢するので、ほんとのかたちとはちょっとちがう、とは言えませんでした。

というわけで、せっかくなので旅行ブログみたいにしてみました。
とりあえずハワイ島、ほんとに最高です。
まったく日本に帰りたいという気が起こりません。

それではまた。
どこにいても素敵な1日を☆











| ANANYA | ハワイ | comments(0) | trackbacks(0) | - |
retreat & rest
 
1週間前から、あるリトリートの参加を目的にハワイ島に来ています。
日々追うごとに濃密になり、デトックスはもちろんですが、ちょっとまだあまりひとには言えない感じの理由で二日前の夜から突然40度以上の発熱、そのほか喉や頭痛、腰の痛みなど、尋常ではない体調不良に襲われて、ようやく回復しつつあります。

こっちに着いてからいちばん感じたのは、やはり東京/日本のリズムとのちがい。あれはあれで楽しめないこともないのですが、頭と身体、そして思っていた以上にこころがばらばら、自分がどうしたらいいのかなんて、あの環境で知ろうとするのはかなり難しいよな、と思いました。

それから、ものと自分について。
まず食べものが基本オーガニックで、一昨日までは魚とシーフードはすこし食べたのですが、昨晩からは完全にヴィーガン食、そのせいもあるかもしれませんけど、お菓子とか全然食べたいと思わないんですね。実際、食べる量も減ったし、ちゃんとおなかが空くというか。あと、頭ではなくて身体から欲しているものがわかる。

リトリートはとりあえず終わり、昨晩からひとりでジャングルのなかにあるエコロジカルな施設に移ったのですが、きのう宿を移るにあたって、必要なものをリトリートの主催のひとといっしょにマーケットに買い出しに行ったときに、この体調をもとに戻すために、どうしてもノニのティンクチャーかジュースがほしいと思ったんですね、で、やっとよさそうなものをみつけて、わたしの身体に合うかどうか筋反射でチェックしてもらったところ、98%わたしに合ってると出たんです。

あとは香水。
わたしは香水が大好きで、身につけていないとちょっとここちよくない感じで、こっちに来てからもそれは同じなのですが、日本でつけていたものをまったくつけたいと思わないんです。

それはケミカルな処理をしているもの、ということなんだと思うんですけど、ファーマーズマーケットで100%ピュアのアロマオイル屋さんが出ていたので、ブレンドされたものを買いました。そのブレンドが、また意味深なものだと選んでから知って、面白いなと思いました。

たぶん、全部、もっともっとシンプルでいい、ということなんですよね、服も東京にいるときはいろいろほしいしおしゃれもしたいと思ってたけど、ここへ来てからは、そのときどきに合わせたもの、ほんとうに気に入ったものがいくつかあればそれでいいな、と思います。お化粧も日を追うごとにしなくなってるし、体調のせいもありますけど、もう3日もノーメイクです。人前ですっぴんなんて、いままでの自分なら絶対にありえないですね。

いや、もちろんおしゃれすることは全然悪くないし、食べたいものを食べ、したいようにすることが正解だと思うんです。その土地のヴァイブレーションもものすごく作用していると思うし、いまはこうでも、東京に戻ったらまたいままで通りになるかもしれない。
ただ、それを求めているのは誰なの?と。
結局はそこですよね。

それにしても、ハワイ島のヴァイブレーションは、ほんとうに素晴らしいです。
ハワイのすべての島はそれぞれチャクラに対応しているといわれていて、ここはルートだそうで、そのエネルギーから滞在できるひととできないひとがいるそうなのですが、わたしはここに来てほんとうによかったです。とりあえず健康になるのは間違いないですね。

実は今回、ほんとは帰る予定だった日と、その翌日の飛行機のチケットが満席でとれなかったんです。それで滞在を延ばすことにしたんですけど、あの熱と痛みで帰ることはできなかったし、そうでなければきのうまでのリトリートでのセッションも深くいけなかっただろうなと思います。
まあ、全部完璧ってことですね。

とりあえず、今日は1日ゆっくり休んで、帰るまでにはなんとかすっきり、体調を取り戻したいと思います。

それではまた。
まだ元気だったころ(笑)に行った、4マイルビーチと遊びに来てくれたウミガメの写真を載せておきますね。ウミガメは泳いでいるときにも気づくと隣にいたりして、とてもフレンドリーでした。

素敵な1日を☆









| ANANYA | ハワイ | comments(0) | trackbacks(0) | - |