texted a ANANYA

メディスンカード・リーディング
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
LINKS
PROFILE
CATEGORIES
SEARCH
食べもの実験

 

以前から血糖値と脳の関係について、メンタル的なことも含めて気になっていたのですが、最近やたらと糖質についての情報を目にするのでちょっと調べてみるか、と思い、ほんとにちょっと調べてみて、とりあえず糖質制限やってみるか、ということで、きのうのお昼からゆるーくやってみてます。

 

いちばんの理由は、慢性的な肩こりや眼精疲労、頭痛などの改善がみられる可能性があるとのこと。

そして、夏が近づくたびに、自分やっぱり太ったね、と目を反らすことのできない現実というもの、

もともとの体質のせいかそれほど深刻ではないにしても、着られない服が日々増えているのは確か。

それらに再び袖を通したい、引き締めたい、という目論見も当然あります。

 

 

で、その糖質制限食、にわかのわたしが語るまでもなく、全然ご存知の方がたくさんいらっしゃるし、まだ理解&おすすめ! に至っていないので詳細は書きませんけど、とにかく肉、卵、チーズを食えと。野菜は後回しだと。

自分としてはふだんの食生活とほぼ真逆なので、正直なところ、これは献立がなかなかたいへんそうだなと。

 

肉はきらいというより、からだがあんまり受けつけなくなってしまったのでこころもあんまり踊らないし、たまごは好きですけど、ロスでフードチェックしたときにOFFだったので、以来極力控え中、毎食食べていいんだうれし〜とわくわくするのはチーズのみ。

 

そんななか、糖質制限食初回、きのうのお昼はこんな感じ。

 

 

 

 

ローストビーフたぶん30gくらい、ゆでたまご2個、カマンベールチーズ50gくらい、

その他レタス、スナップエンドウ、きゅうり、各ちょっとずつ。

ローストビーフのソースは最初からついていたもの、

サラダのドレッシングは自分でつくったマヌカハニー&マスタード、

マヌカハニーの糖質については、いちおう砂糖はもちろん、一般のはちみつより低いようです。

つーか、うちにいまこれしかない&日本だと高いのでロスで買ってきたものです。

 

肉もたまごもチーズもなかったので、急遽近所のスーパーでゲット。

肉は、まず鶏を食べたいと思わなくなってしまっていて、なかでもいちばん食べられるのが牛で、ちょうどローストビーフが30%引きになっていたのでそれにしました。

 

 

感想としては、そもそもきのうはあんまりおなかがすいてなくて、食べなくてもいいくらいだったのを無理に食べたこと、でもいちおうベース量というものがあるし、あとでおなかがすいて間食するよりまし、と思いたまごを2個にしてしまったことが完全に失敗で、結局食後に尋常じゃないほどの眠気と胃をとりかえたいほどのもたれにおそわれてしまい無表情…みたいな感じでした。

 

といっても、ちゃんとおなかがすいてるときだったら、たまごはひとつにするとしても、ローストビーフは好きなので、こころ躍る献立ではあります。

 

それと、フードチェックで学んだのですが、ごはんを食べたあと眠気におそわれるのって、実は満腹うんぬんじゃなく、食べものがあっていないケースがほとんどとのこと。

特にちょっと耐えられないくらいの眠気はまちがいなくそのようです。

 

 

で、晩ごはんはこれ。

 

 

 

 

チキンナゲット3個

納豆40g&みじん切りの焼きなす1本

レタス10枚くらい、パイナップル&メロン&ぶどう数個

 

お昼のゆでたまごの余波で当然たまご抜き、チーズさえ食べたくない&ローストビーフもセット記憶でこころ躍らなくなってしまったので、外出の帰りに肉探しにスーパーへ。

 

お惣菜コーナーにチキンナゲットがあって、なんとなく食べられそうな気がしたので購入、

うちにあった納豆はたんぱく質なので肉にみたてて、塩とごま油で炒めたなすと和えました(これ、ほんとはお味噌と砂糖で肉味噌風にして、麺にかけて食べるとおいしんですよ!)。

そしてフルーツ、ほんとはこれだけでいいと思ったこころ踊ったフルーツ。

 

お昼に続き、これだけ? という量ですが、ほんとに胃もたれが続いていたのでこれでじゅうぶん。

でも、チキンナゲットがしょっぱすぎて、レタスは画像では5枚分くらいですが、あとでさらに5枚くらい増量したし、結果、いちばん食べたのはレタスかも、という感じ。

 

 

と、初日にして早くも掟破りの献立ですが、

1日の糖質量としてはだいじょうぶなのではないか&ゆるくがポリシーなので、とりあえずよしと(まあパイナップルはフルーツのなかでももっとも糖質量が高い&果糖は中性脂肪に変換、を踏まえつつ)。

 

 

というわけで、誰の参考にもならない内容かと思いますが(笑)、

とりあえず実験&思うところもあり(いちおう“制限”というものについて考えてみる、というテーマもあったり、、)なので、すこし続けてみます。

 

長くなっちゃいましたけど、今日のお昼もすでに食べてるんで、

たぶんまたこりずに報告します☆

 

 

というわけで、また☆

いい感じのごはんを〜

 

 

************

 

6/25付けでメディスン出してます。

 

 

 

 

 

 

 

 

| ANANYA | 食べもののこと | comments(0) | - | - |
Food Shock 2

 

先日、無事に帰国しまして、荷物を解いたり洗濯したり、早速音楽関係のイベントに行ってひとに会ったり、今日はものっすごく眠くて長時間昼寝したり、、少しずつ東京の生活に入りつつあります。

 

フラワーエッセンスのお申し込みをまず再開、リーディングの個人セッションも連休明けくらいから受け付けの予定ですので、ご希望あればご連絡くださいませ。

 

ロサンゼルスで学んできたことは、もういろいろありすぎるので、これから少しずつ書いていこうと思います。

新しいセッションについても、もうすこし勉強&復習しつつ、態勢が整ってきたらお知らせしますね。

 

さて、学んだことのひとつ、先日もちょっと書きましたけど、食べもののこと。

ほんとにいろいろびっくりでした。

 

古今東西、必須栄養素やマクロビ、ローフード、アーユルヴェーダや薬膳などなど、すばらしい食事法がたくさんありますよね。

でも、そうした方法や形式の前に、自分というひとりの存在、あくまでも個としてのその身体は、何を欲し、何を必要としないのか。

まずはここに目を向けなければ、結局なんのための食事?? になってしまう。。

 

↓は、向こうで宿題しながら食べていたおやつの一部、ご存知の方もいらっしゃると思いますが、主にオーガニック・フードを扱ってるものの格段に安い、素敵スーパーマーケット「TRADER JOE'S」のポテトチップスとドライのパイナップル。

両方とも、わたしの身体がOKを出したものです。

 

 

 

 

パイナップルは、お砂糖をまぶしていない、ほんとにただドライにしただけのもので、見かけはややグロだけど、とても食べやすいです。

ドライフルーツ好きなのですが、砂糖つきのものばっかりなので、日本でも売ってほしいなー。

値段もたっぷり入って400円ちょっとで安い!

 

で、面白かったのは、同じパイナップルでカットされたものがあったのですが、そっちは身体的にOFF。

ポテトチップスも、確かシーソルトだったと思いますが、シンプルなフレーバーとくらべたのにそっちはOFFで、一見、身体にはよくなさそうなこっちのBBQ味はONだったのです(こっちが食べたかったのでよかったけれど!)。

 

ちなみにオーガニックではないけど、グルテンフリーだそうです。

じゃがいもでグルテンって何、、と思ったら、フレーバーに小麦が入っていたり、工場でグルテンをつかってるかどうかとか、関連してるんですね。全然知らなかった。

 

 

 

 

まあ、あんまり過敏にストイックになりすぎると、また「なんのためのそれ?」にうっかりなってしまいがちなので、これもまた、“自分”と“それ”とのつき合い方、になるわけですけど、

とりあえず、野菜だけがいいわけでも、お肉がだめなわけでも、おやつがだめなわけでもないということ。

 

これからも、わたしの食ショックは続くと思いますが、

驚きを楽しんでいきたいと思います!

 

身体に聞いていく方法なども、少しずつシェアしていきますね☆

 

というわけで、また。

メールの返信、まだ届かない方、もうしばしお待ちを!

(ロスでは、あせらず無理のないペースで行く、ということもよく学びました。。)

 

ではでは素敵な一週間を☆

 

 

 

| ANANYA | 食べもののこと | comments(0) | - | - |