texted a ANANYA

メディスンカード・リーディング
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
LINKS
PROFILE
CATEGORIES
SEARCH
<< 2017.1year~05 | main | ☆リーディング・セッションのご案内 >>
2016.12.08~01

 

哺乳類って、生まれてとりあえず大人の状態に成長するまで、姿形にものすごい大きな変化ってないですよね。たとえばアルバムの写真をみても、これ、身体の大きさと服装とかがちがうだけで、顔全部いっしょじゃね? というひともいるし、家族全員、誰かひとりの顔だけでもいけそう、というひともいたり。。

 

でも鳥とか魚とか虫って、最初は全員たまごからのスタートですよね、で、虫は幼虫、さなぎ、成虫と、それぞれの段階で全然ちがう風体だったりする。

 

なんか、いま思ったのは人間、赤ちゃんから大人になるまで、実は結構盛大に変わってるはずなのに、見た目の段階があんまり壮大じゃないばっかりに、「変化」というものに対してもなだらかに変わってゆく、つまりいきなり「ええっ!?」というように現状をぶっ超えて変わることを望んではみても、なんか現実的ではなく、そうした変化を“奇跡”、そしてそうそう起こるもんじゃない、とか思ってしまうのって、それが理由のひとつなのかも、と。

 

さて、これを引いた方のテーマは「変容」です。

その準備ができている、と。

 

どんな風に変化していくかって、結局、それぞれの状況に応じたプロセスであって、自分はそこに関与できません。

けれども、どんな経過を辿ろうとも、ゴールがよければオッケーなんじゃないでしょうか。

そのためには決めること、どんなプロセスが進行しようとも構わない、と受け容れること。

 

そうそう、つまり変容って、状況や自分が「変」わることを受け「容」れること。

で、その準備が頭ではわかんないかもですけど、つかってない脳的にはもうオッケーになってるんだよ、と。

もっといえば、どうしてそっちにいきたいのか、なんて、もうとっくにわかってるでしょうよ、と。

 

今年の残り〜来年に向けて、とりあえず何をしたらいいか、もうご承知のことと思いますので、ぜひそれを☆

 

 

>「2016年12月〜年末までのメディスン」にもどる

 

 

 

| ANANYA | - | comments(0) | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | - |