texted a ANANYA

メディスンカード・リーディング
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
LINKS
PROFILE
CATEGORIES
SEARCH
<< 6月のメディスン | main | うつろいゆくすべては >>
6月のメディスンのちょっとした解説

 

早速メディスンの感想メールなどをいただき、こういった反応があると、ああ書いてよかったなあ、と思います。ありがとうございます。

 

ゆるめる、ひろげる、はずしてみる、というキーワードから、こうしてみようこうしたらよかったんだ、とひらめくひともいれば、そのとおりだけれどどうしたらいいのかわからない、というひともいます。

 

本質的なこと、つまり具体的にくるしいことがあって、それをどうにかしたい、らくになりたい、と思うわけですが、いっきに全部解決したい、と訴えるのはやっぱり思考/エゴ/マインドなんですよねーこれが。

 

一刻も早くこの苦しみを〜と、自分のためを思っているようでも、その声によってさらに自分が追い込まれていくことに気づかない。なぜならそれはただの思考、文字面にしかすぎないことだから。

 

一見とっても考えてるようで、実はほんとに自分のためになることなんて考えてなんかいないんですよ頭って。それっぽいセンテンスを繰り出してるだけ。よーくみてみるとわかりますが、提案にさえなっていなかったりする。

 

 

はずしてみてください、というのは、それです。一見それっぽい感じの文字面です、なんかすごい考えて考え抜いているようだけど全然解決しないそのセンテンスのぐるぐる感と、それを繰り出している仕組みそのものをです。

 

つまり、「どうにかしなくては、ではどうしたらいいか」という問い、それ自体をはずしてみる。

 

 

ぐるぐる感をゆるめるとするなら、あれがこうでこうだからこうで、わかってるけどこうしたらこうなってこうだから、、という一連のぐるぐるでできたかたまりを、逆回転するようにもとのところまで戻してしまう。

でもそれめんどくさいですよね、だからはずしちゃう。

 

するとまたなんか言ってくるわけですよ、「それじゃなんの解決にもならないじゃないか!」と。

でも、「どうにかしなくては、ではどうしたらいいか」、

これ自体をはずしてしまえば解決する必要のあること自体が発生しない。

 

「そうかもしれないけどさー」「それでいいわけ?」「そんなことしたらもっとひどいことになるんじゃね?」という声。

 

結局は、この繰り返しじゃないです?

でもそれは真実なのかと、ほんとにそうなってしまうのか、と。

 

わからないんですよ、どうなるかなんて。

だからとりあえずでいい、はずしてみようじゃないかと。

 

で、さらにひろげてみてみると、ほんとにくるしめてる“思考、考え”はなんなのか。

気づくことがあるかもしれないし、ないかもしれないけど、

とりあえずさっきよりはらくになってるんじゃないですかね、って。

 

で、ほんとうのこたえというものが、そこにあったりするかもよ、って。

 

 

というわけでまた〜。

 

 

 

**********************

 

「チャクラのバランスを整えるキャペーン」再開してます!

 

よければおためしを〜☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| ANANYA | text | comments(0) | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | - |