texted a ANANYA

メディスンカード・リーディング
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
LINKS
PROFILE
CATEGORIES
SEARCH
<< うつろいゆくすべては | main | 正論、日常、視点、方向 >>
ゆっくり休むということ

 

結構つかれがたまっているらしく、ひとつ何か終わるとぐったりで、何年か前から2,3日動けなくなる、というのが年に数回あって、とりあえずはりや整体や何かに行く、というのがパターンになっていて、で、去年の夏に不整脈、と、この週末はひさびさにその感じ。

 

振り返ってみると、去年はたまたまちゃんと脈診とってもらったからわかっただけで、いままでもこの感じのときって、脈ちゃんと打ってなかったのかも、この数日もまさにそうなのかも、と思いました。

 

しかもここのところ、満月の日に月のものがくるというサイクルに戻ったので、くると今日は満月なのか、とわかるんですけど、それもあって重だるさがましてなお動けず、、なのに、メール返さないと、とか、あれ調べないと、とか、からだはもうだるんだるん&頭もなんというか白いものがぼーっと続いてる、みたいな感覚で無理っすー無理っすーまじ無理っすよ〜〜という感じなのに、あれやんなきゃこれやんなきゃ、って、できないのにやろうとしてしまうんですよね。


 

完全に起き上がれなくなるくらいになると、もう動けないのでひたすら寝るのみなのですが、ほんとはそこまでにいかないように、普段からちゃんと休む、という時間をつくる必要があるんですよね。

 

でも、こう、なんというか、ゆっくり休むって、難しいな、と。

 

ひとにはしょっちゅう言うくせに、自分のこととなると難しい。

それに、自分的には結構休み休みやってるつもりなんですよねえ、川でぼっさりもよくやってるし、仕事完全抜きでひととも会ってだらだらしゃべったりしてるし。

 

でも、ほんとにゆっくりした時間をもつというのとは、たぶんちょっとちがう。

そしてこれは、緊張というものや、サヴァイヴァルの感覚にも関係してると思います。

というか、そもそもゆっくりした時間をもつ、の前に、動けないときに動こうとしてしまう、という動きが発生するなんらかの理由がある。

 

って、考えはじめるとまた頭がぐらんぐらんになるわけですよ。

そう、何か思いつくとどんどこ先を知りたくなってしまうこの性質もよくないんだろうな。。

 

 

とにもかくにも、

気圧に左右されやすい季節も到来したことですし、からだの性質でいえば自律神経のバランス崩れやすいので、

ゆっくりしながらいきたいものですな。

 

 

というわけで、また。

らくな感じの一週間を☆

 

 

**********************

 

「6月のメディスン」出してます!

 

「チャクラのバランスを整えるキャペーン」再開してます!

 

よければおためしを〜☆

 

 

 

 

| ANANYA | text | comments(0) | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | - |