texted a ANANYA

メディスンカード・リーディング
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
LINKS
PROFILE
CATEGORIES
SEARCH
<< 食実験、とりあえずの総括1 | main | 食べもの、細胞、直感/直観と、8月のふんわりメディスン >>
食実験、とりあえずの総括2

 

まずきのうの晩ごはんです。

 

 

 

 

海老と豚肉、もやし、キャベツ、ピーマン、カイワレ大根のタイ風焼きそば

味付けはにんにくと塩とナンプラーとブラックペッパー

 

糖質制限食をはじめてから、はじめての小麦粉の麺です。これはもう制限食ではないですね、完全無制限食です。

ほんとはパクチーにしたかったのですが売り切れだったのでカイワレに。

で、食べ終わってからの胃もたれがそこそこ続きました。

やっぱり小麦粉って負担かかってんだなーと実感。

 

いちおういままでのフードチェックで、わたしはパンはNGなんですけど、小麦グルテンはとりあえずだいじょうぶっぽいんですよね、でも体感としては、ここちよい食後感ではなかったですね。

 

ずっと食べてなくてひさびさに食べたりするものって、やっぱりおいしい、と感じることが多い気がするんですけど、味としてはたしかにおいしかったんです、でもそれって脳の感覚のほうが強いよね少なくとも今回のような場合は、全自分一致でよろこんでる食ではないんだよね。

 

 

で、とりあえず実感してる効果的なことがどんどん先送りになるので書いておきますと、

というか、自分、なんでもそうなのかもですが、効果よりもたぶん、これって結局どうなってるんだろう、という仕組みのほうに興味があるんだろうな、と気づきましたね、この糖質制限食をはじめた理由はもちろん効果を求めてのことなんですけど、それにしても、そもそも小学校のときに教えられてた栄養素、それが肉魚乳いらん、逆に野菜いらん、炭水化物抜いてよし主食いらん等々(この主食とおかずの構造についてもいろいろ思うところがあります、ガッツがあったらそのうち書いてみます)、あの結構好きだった七大栄養素のイラストから肉や魚やたまごが消えたりお米が消えたりと、これまで信じて疑ったこともなかった食理論がどんどん崩壊してるわけですよ、これは食だけではなくて、というか、食さえも、という感覚ですが、とにかく、で、結局のところ、どんな仕組みになってるのこれは? と。

 

 

ってまた話がそれていってますけど、自分にとってはこれもまた制限食やって得られた効果、というとちょっとちがうかもですけども、収穫なのであります。

 

で、とにかく最初に求めていた効果について、

まず、たしかに肩こりとか頭痛は軽減されてると思います、ずっとPC前にいたり、編集部行ったりするともう次の日動けん、という感じがわりと多く、鎮痛剤投入するのが常なんですけど、とりあえず最近とってないですね鎮痛剤。

糖質制限はじめてから、たぶんお灸もしてないんじゃないかな。

 

ただ暑くなってきたんで、毎年恒例の熱射病の症状はやっぱりありますね、これ糖との関係ってどうなんだろう、今後の実験課題ですかね。

 

あと、うちは体重計がないので数値のデータはとれないんですけど、

最近、週1くらいで顔を合わせる編集仲間からは、顔がすっきりしたと言われますね。

 

そう、よく会ってるまたはあんまり会ってないひとって、日々の変化には気づきにくい感があると思うんですけど、週1くらいで定期的だと、わかりやすい気がします。

 

ちなみに彼女は糖質制限にすごく興味をもってくれていて、それを彼女が通っている整体の先生に話したら、先生もときどきやってるとのことで、ちょっと情報交換したりしてます。

 

あとは前も書いたかもですが、ジーンズとかパンツをはくと、やっぱり太ももまわりがゆるんだ気がしてならないですね、あと最近では腰回りとか、きのうちょっと意識してみてみたら、二の腕も多少落ちてるかも。。

 

 

というわけで、今日はこのへんで。

暑いので、水分ミネラルしっかりとりつついい感じのメシを〜☆

 

 

 

************************

 

2017年後半のメディスン 出してます

 

★2017年1年間は こちら

 

 

 

| ANANYA | - | comments(0) | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | - |